展示設計・設営

大阪の青星さんにて開催された、奥田澪さんの個展「今日をひらく」の展示設計・設営をさせて頂きました。

今までパネル張りして仕上げていた作品を、布のもつゆらゆらとした雰囲気をそのままに感じてもらえるような展示にしたいというお話だったので、作品を壁から離してゆらゆら感を出せるように全体を考えさせて頂きました。

作品を壁から離して吊るすために、角材を壁から壁までいくつか通して、そこから作品をつるして浮遊感を感じでもらえるように考えさせて頂きました。

作品の邪魔にならないように極力角材の本数は少なくし、要素が多くならないように、物販品を置くテーブルも同じ角材で製作させて頂きました。

作品をマグネットがついた木部で挟んで人が通ったりする際にふんわり揺れるような、軽やかな見え方になるように考えさせて頂きました。
作品を挟む木部はチープに感じられないように、角材とは素材を変えて、タモ材のクリアーオイル塗装で製作させて頂きました。